スポンサーサイト

  • 2011.03.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    先延ばしにしない

    • 2011.02.03 Thursday
    • 10:31

     僕は一人暮らしをしているので家事をしなくてはいけません


    例えば料理をして食事をしておなかは一杯

    でもキッチンには洗わねばならない食器が


    この時点で食器洗いをしてしまうのが一番ストレスがすくないです

     

    でも

    「あとでいいだろ」
    先延ばしにする


    そうするとストレスはすぐにやったときより大きいです
    それだけではありません

     

     

    先延ばしにすることのデメリット

    今の例でかんがえると
    洗ってない食器に気が付くのは、次に食事を準備するときになります

    「あぁ 食器が洗ってなかった」

    つまり想定外の仕事が増える
    ”ふいうち”される

    これでは生活に振り回されています

     

    食べ終わった時点ですぐに食器を洗う
    これは意識的作業です
    しかもあるていどは想定可能
    生活をコントロールしている、といえるかもしれません

     

     


    習慣化

    問題を先延ばしにするか
    問題が生じたら早めに解決するか

    どちらを習慣化するかで雲泥の差が付く気がします

    ちりも積もれば山となるように、
    先延ばしによって生じるストレスも積み重なればとてつもない量ですし 
     効率がわるくなって多くの時間を使ってしまいます


    すぐにやる
    これは重要です

     

     

     

     

     

    「できる」ことをする

    • 2011.01.30 Sunday
    • 20:40

     
    絡まったひもをほどく時
    簡単にとけるものからほどきはじめる
    そうしてやがて全部、綺麗にほどくことができる


    これと同じでできることをまずやっていくことによって
    「できない」ことのやりかたが見えてきます

     

    できないことを無理にしようとするのではなく
    そのためにできることを探すという考え方です

     

    たとえばお金を貯金したいとき

     

    自分はお金はあるだけつかってしまうから貯金はできないと考えることもできますが

    そのためにできることはないだろうかと考えてみましょう

     

     


    そうするとたくさんでてきます

    欲しいと思ったものはすぐ買わないようにする

    家計簿をつける

    レシートをとっておいて一日の最後にむだな買い物が無いか確認する習慣をつける

    貯金とべつに使うお金をとりわけて、それ以上は使わないようにする


    「できないこと」は逆立ちしてもできません
    だからできることを探してみます

     


    そうかんがえてみるとできないと思っていたこともできてしまったりするかもしれません









    良い姿勢で良い精神

    • 2011.01.27 Thursday
    • 09:19

     シャンと胸を張って背筋を伸ばす

    ただこれだけです

     


    これだけで気分が前向きになるんです

     

     

    元気の無い人はうつむいています
    元気な自分に自信のある人はシャンとむねを張っています


    前の記事で口角を上げることを書きましたが
    姿勢から心がけることも前向きな気持ちに繋がっています

     

    なので僕を良い姿勢を心がけています





    健康になる

    良い姿勢をすると  
    うつむいている時より酸素を吸い込むことができますから
    身体や脳に酸素が行き渡ります

    それだけを考えても

    良い姿勢を心がけることは
    脳は活性化して体は健康になることが分かります


    更に、目はまっすぐ前を見ます
    これも脳にいいようです

    見た目もいいです

     

     

    気分が落ち込んだとき
    背筋を伸ばすだけで元気になれるみたいです
    気持ちを切り替えたい時に便利ですよ

    さあ
    少し姿勢を正してみてください


    なんだか元気がでてきませんか?

     

     

     

    誰でもできる簡単な成功法 笑顔

    • 2011.01.26 Wednesday
    • 08:54

     笑うと癌も治る 


    この言葉を聞いたことはおありですか?


    癌 笑う 治る
    とネットで検索してみると
    その情報はたくさんでてきます

    更に笑うことは免疫を高める
    脳にもいい
    様々な良いことがあるらしいのです


    今回は「笑う」ための手軽な方法を紹介させて頂きます

     



    口角を上げる

    騙されたと思って
    口の両端を上げて、わざと笑顔を作ってしばらくその状態でキープしてみてください


    何故か自分の気分が明るくなってくるのを感じませんか?





    笑顔の益はたくさんある

    暗い気分の時と
    楽しい時ではどちらが行動力がありますか

    楽しい時のほうがいろいろ挑戦できる気がします


    怒ってる人と笑っている人どちらと仲良くなりたいですか

    僕は笑っている人のほうがそばに居たいと思います


    口角を上げていると笑いやすい状態になります
    幸せと感じやすくなります

    つまり口角を意識的に上げることによって
    行動力のある人に好かれる人間になり
    不安や悲しみにも強くなり
    免疫まであげることができます





    どんなときにできるか

    悲しいとき 口角をあげます
    一人のときも口角を軽くあげます


    こんな手軽な方法ですが
    バカにできないと思います

     

    つまり
    意識的に笑顔を作り
    気持ちを明るくする

    これを書いてて思いましたが
    僕もがんばって口角をあげます笑

     


     

    行動して失敗して成長する

    • 2011.01.25 Tuesday
    • 08:36

    失敗は成功の元

    この言葉は大好きです

    でも少し前までは失敗を恐れて行動しないことがおおかったです
    今ではそれが一番のミスだと思っています


    全てにおいて

    慣れない新しい職場で
    「これをしたら怒られるかも」
    と考えてなにもしない 

    それで
    「突っ立てないでなにかしろ」
    といわれるタイプでした


    今は同じ職場の同じ場面なら

    とにかく行動してみる
    間違っていて怒られる


    今は後者のほうが正しいと考えています



    困っている人がいたら

    余計なお世話かなといってなにもしない
    何かできることをしてみる

    小さな親切大きなお世話より
    愛の反対は無関心です
    というマザーテレサの言葉のほうが好きです



    失敗を恐れない

    何かを始めたいがその「何か」のやりかたがわからない時
    やりかたがわからないから動かないのではなく
    まず動いてミスをする
    そしてミスをして「やりかた」を学んでいく

    方法が間違っている可能性がある場合 
     「間違ったらその時に学べばいい」
    そう考えるれるようになったら
    行動力が段違いにあがりました



    人間は老後に
    「しなかったほうがよかったこと」
    よりも
    「しなかったこと」
    について嘆くのだそうです


    なので今は行動して失敗して成功しよう
    そう考えるようになりました

    失敗をしまくってしまくって
    大きくなりたいです






























    良い出会いのためにできること

    • 2011.01.21 Friday
    • 16:57
    心の中で見た人を褒める習慣をつける


    今回は先回日記で少し触れたことです

    良い出会い 良い人脈をつくるために僕が最近していること
    それは

    いろいろな所で見る一人一人の褒められる所を最低一つ探すということです


    それはどんなところでもいいです
    例えば
    「帽子がとても似合っている」とか

    「優しそうな人だ」

    「イケメンだな」  「綺麗だな」

    「楽しそうな人だ」  「強そうな人だ」


    とにかく
    目に入った人に対する褒め言葉を
    心でつぶやくのです


    人は出会った第一印象でその対象の「人」を判断するといいますし
    「第一印象が大事」という言葉も、よく聞きます

    であるなら

    一番はじめに自分自身の中で意識的に自分が見る人すべてを
    「良い第一印象」でとらえられたとしたら


    そうするならもし話す機会があったら
    それがいい出会いに繋がる可能性があがる気がしませんか?

    例え言葉を交わさなくても自分から出ている雰囲気が変わる気がします




    効果
    僕がこの方法を試し始めたのは通っているスポーツジムでのことです
    お恥ずかしい話ですが気づくと見知らぬ人を見下している自分に気がつき

    このままではいけない と思いました

    そこで

    見る人全て 最低一個良い所を探してみようと決めました


    そうしたらそれからというもの不思議なことにそのジムで
    人と接点ができる機械が少し増えました

    偶然かもしれません
    でも僕は多少なりともこのことが関係がある気がします

    自分の中で見る人の第一印象を悪くしたときよりも
    多くの人を良い第一印象で見ることができた時のほうが
    良い出会いが増えるとは思われませんか?  














    前向きな言葉、目標をノートに書いて自己暗示

    • 2011.01.20 Thursday
    • 13:25
     こんにちは

    先回は日記について書かせていただきました

    さっそく今回は前ブログで書いた
    僕が日記と併用していることを紹介させていただきます

    これはナポレオンヒル氏の「思考は現実化する」という本を参考に
    実践しはじめた習慣です


    それは

    毎日前向きな言葉をノートに書いて読む

    ということです


    僕の場合は
    朝、日記を書いた後で、 その時書いた日記の下に

    「僕には全てが可能」
    「全て物事が必ず上手くいく」

    といった風に
    毎日朝、 日記の下に書いて読んでいます
      

    効果
    この方法を実行する前はネガティブで自信が無かった僕が
    ポジティブになり自信がついていくのが分かりました

    口癖まで  「もうだめ」 だったのが
    「必ずできる」みたいに
    180度変わりました


    毎朝毎朝前向きな言葉を書き、読むことで
    自己暗示にかけて 精神状態を前向きなものにするわけです

    ほんとに効果があります








    目標も書く

    同時に、その時の目標も書きました

    本当は人生で成し遂げたいことをずっと書いていくといいのですが
    僕は忘れっぽいので目標がよくかわります笑
    ・・・わき道へそれてもまた修正はしてます汗

    人生のメインの目標は恥ずかしいので秘密ですw

    ですが例えば今は
    「目に入る人全ての一人一人の良いところを最低一つ探す習慣をつける」
    という目標を立てています

    「そうすれば会う人全て
    自分の中で第一印象が良くなる
    そうしたらきっといい出会いも増える」
    と思ったからです
    このことについてもまた近々お話したいです


    具体的に
    僕の理想は、
    人生で成し遂げたい目標や長期的な大きな目標と共に
    小さい目標を自由に書くようにすると楽しいかなと思います

    つまり
    大きい目標は毎日書く 小さい目標を自由に1つか2つ書く

    小さい目標は自由に
    「お金を有意義に使う」でも「部屋を綺麗にする」でも
    なんでも結構です

    いままでの経験で書いた小さな目標はほとんど全て達成できています
    ナポレオンヒル氏の言う所の潜在意識でしょうか


    まとめ
    まとめてみると、

    前向きな言葉と 目標を毎朝ノートに書いて読む

    ということです

    言い換えるならば 目指すべき心の精神態度の目標と
    到達すべき状態の目標を、

    毎朝ノートに書いたとも言えるかもしれません


    この方法本当に便利ですよ  なんといっても

    「なりたい自分」
    「なれる」のですから














    日記を書くこと  続ける方法  日記を書くことで得た益

    • 2011.01.19 Wednesday
    • 19:33

    日記を書く挑戦

    日記をつけるといい

    そう聞いたので




    「日記を書いてみよう」
    ・・・と思いました

    日記用のノートも買いました

    しかし夜に書こうとするものの
    睡魔に完全KOされることが多々あり

    これではいけない  それで考えました




    日記は朝書く

    それで考えた末に


    朝一で昨日の日記を書くことにしました


    夜だとめんどくさいと思う日記も

    朝一で書くようにしたら不思議なことに
    毎日書けるようになったのです


    続かなくて困っていたら是非お試しを




    日記を書き始めて変わったこと


    まずなにより日記を書くのが楽しみになりました

    「こんなことがあった、よし日記に書こう」
    そんなふうになんだか毎日を有意義に感じることができました

    日記を書けば書くほど記憶力があがりました

    最初の頃は、 「何があったっけ」って
    あった出来事を思い出すのに時間がかかっていたのに
    慣れてくると
    スラスラかけるのです

    それも事細かく覚えていて凄く感動したのを覚えています

    仕事もできるようになった

    仕事であったこと
    特に失敗したこと  上手くいったこと

    それも次の日に日記に書きました
    そうすることによって

    自分が以前した失敗を覚えていて
    改めることができましたし
    上手くいったことは
    覚えていてまた実践したり改良することができました


    今現在

    今も朝に日記を書いています  

    最近は全部書かずに要点だけまとめられるようになってきました 


    このあいだノート一冊が埋まって
    新しくノートを買うことができたのですが

    達成感と充実感

    かなりあります


    あと日記と組み合わせてしていることがあります
    それはまた次に書かせて頂きます

    では今回はこのあたりで失礼いたします




     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    たった1分で人生が変わる 片づけの習慣
    たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 (JUGEMレビュー »)
    小松 易
    これを読んで掃除にたいする考え方が変わり、 部屋を綺麗に保つことができるようになりました

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM